10月最終ライド

自転車
10 /30 2016
今日は,気温が上がらず寒い1日でした。
10月の最終ということでロングライドに行ってきました。

まずは,いつもの平沢官衙です。イベントの準備中でした。「つくば物語」というらしいです。


つつじヶ丘もどんより曇りです。
DSCN3115.jpg

この後は湯袋側を降りてフルーツラインに出ます。
その手前の八郷の柿の木畑。たくさんなっています。柿は,玉ねぎと一緒にマヨネーズで和えたサラダが好きです。
DSCN3116.jpg

その後は,道祖神峠を越えて,仏の山峠を越えて茂木に向かいます。
今日は,ソロライドのため,休憩も少なめで黙々走ったので,11:00に道の駅もてぎに着いてしまいました。
なので,SLはもう少し走って,見ることにしました。こうなるとどこで見るかが難しくなってきます。
今日は,うまい具合に11:40七井駅で待ち構えることができました。
DSCN3119.jpg
駅を出るときの蒸気の吹き出しです。蒸気機関車らしいですね。

気温が低い1日でしたが,一人で黙々と走るので,寒さをあまり気になりませんでした。
さあ,次回は11月です。11月は土日が結構忙しくて,満足に走れないことが予想されます。
まずは,3日の文化の日に走っておきたいと思います。

本日の走行距離:150.3㎞




スポンサーサイト

ジャパンカップ2016観戦

自転車
10 /23 2016
日光秋の陣より,恒例となっているのが,ジャパンカップサイクルロードレースです。
宇都宮森林公園を会場に10.3㎞の周回コースを14週走ります。
プロの本物の走りを間近で見られる素晴らしいレースなんです。
公式発表がわからないですが,どれだけ来ているんだろうと思うほどの観客です。
いろいろな地方の方言が飛び交っているので,全国から集結しているのは間違いないです。

6:30に家を出て,いつもの光運送さんに行きましたが,満車。その隣の一般駐車場が1台止められるというので,何とか助かりました。6:00発にしなきゃダメですね。駐車場からは,自転車で会場入りです。

すでにスタート前の選手紹介が始まっていました。ちょうどランプレメリダだったので,新城選手の声が聞けました。
何といっても一番期待していったのは,新城選手の優勝ですから。


10:00スタート。スタート直後の坂の途中で見ていましたが,いきなりの坂をあのスピードです。
やっぱりプロは違いすぎます。

新城選手(31番)は,常に好位置をキープしているというのが印象的でした。
DSCN3078.jpg
登り,おそらく14,15%はありますよ。それでもシャッタースピード追いつきません。写真の左に新城選手。
DSCN3093.jpg

6周回目の山岳賞は,ブリジストンアンカーの井上選手でした。古賀志山の頂上は人でいっぱい,どこかのお父さんが,子供に「山がつぶれちゃうかもね。」などといい加減な冗談を言っていました。
DSCN3089.jpg
サポートカーもどんどん続きます。
チーム右京。レボーグです。
DSCN3087.jpg
宇都宮ブリッツェン。レガシーです。
DSCN3088.jpg
サイクルキャリアは,ほとんどのサポートカーがTHULEです。自分と同じものが使われているとなんだかうれしくなりますね。

路上の応援ペイント。
DSCN3097.jpg
トレックの応援者。カンチェラーラの被り物?
DSCN3090.jpg
本物のカチェラーラを発見。こっちの方が男前。
DSCN3108.jpg

こんな具合に上っていきます。サポートカーは,ほとんどレボーグ。
DSCN3091.jpg
DSCN3096.jpg

補給ポイントで写真を撮るチャンスがありました。渡す瞬間はさすがに難しいです。
BMCレーシングの補給ボトル。
DSCN3100.jpg
この手の方が見ていていい気分。
チームグストとチームノボノルディスクの補給担当の女性。
DSCN3105.jpg
キャノンデールドラパックの補給担当の女性。
DSCN3103.jpg

レースの方はというと,10周回を終えて,新城選手もいい位置にいて,そのほか日本人選手もくらいついていて,盛り上がっていました。新城選手に期待したんですが,届きませんでした。もう少しなんですよ。
今年も,テクテクいっぱい歩いて,楽しく観戦してきました。



今年も日光走ってました。秋の陣です!

自転車
10 /20 2016
もう恒例と言っていいでしょう。日光での紅葉ライドです。名付けて秋の陣!
戦と思えるような過酷なライドでもあります。(嘘です。)
今回のメンバーは,我がチームからヨッシーさんとツヨシくん,そしてゲストにクラブviaggio代表14144さんです。
4人もそろうと楽しく走れますよね。ワクワクしながら,清滝体育館に集合です。
この上ないお天気です。14144さんのおかげです。
この方の能力はこれだけではないのですが,ことお天気に関しては神の域に達しています。ありがとうございました!


8:26,清滝体育館を後にしていろは坂へ向かいます。
やはり,入山する前に無事走りきるために馬返しでの記念撮影は必須です。
さあ,楽しくて充実していますが過酷なライドの始まりです。
DSCN3028.jpg

まずは明智平まで,頑張ります。平日なのでそれほど車の量はありませんが,ハイシーズンなのでそれなりに走っています。
でも,自転車としては走りやすい方ですね。平日でも明智平駐車場は満杯です。自転車なので,かまわず記念撮影です。
ここのロープウェイは,乗ったことはないのですがmハイシーズンなため満載でした。
DSCN3030.jpg
昨年も同時期ここで写真を撮りましたが,紅葉的には昨年の方がきれいですね。
やっぱり,9月の長雨や高温が影響しているのでしょう。

この後は,竜頭の滝を目指します。ところがここでトラブル発生です。
私のフロントメカに異常が出ました。インナーから上がりません。しょうがないのでそのままインナー縛りで走ることにしました。
でも,中禅寺湖畔でいきなり上がりました。まあ,それはそれでいいのですが,このあともこれは引きずります。
中禅寺湖に出るとかなり強い風が吹き出しました。これもずうっと続きます。
竜頭の滝は,上まで行って,橋から眺めてきました。きれいでした。
DSCN3035.jpg

次は,戦場ヶ原を目指します。登り貴重なので,再びインナーに落としましたが,
戦場ヶ原は平たんなのでアウターに入らないのは,困りものです。
DSCN3038.jpg
DSCN3040.jpg
DSCN3041.jpg

アウターに上がりませんが,いいんです。この後は山王林道で上り三昧なんです。
光徳牧場は,カラマツの金色が楽しめます。
DSCN3043.jpg
こんな秋の景色の中を走ります。たまりません。
DSCN3045.jpg

山王林道の峠を越えると赤い紅葉も見られます。
ここで気が付きました。フロントメカのプレートをちょっと手でまf\げて上げるとチェーンが乗るんです。
これはまさしく手当です。いい響きです。周りでは,「もうシマノに変えれば?」の声も出ていましたが,
「いいんです。手当を施せばいいのです。カンパで頑張るのです。」
DSCN3048.jpg

川俣温泉に降りてきました。天気は,14144さんのおかげでまだまだ絶好調です。ありがたいです。
DSCN3049.jpg

ここからも下り基調です。インナーに落とすと面倒なので,アウターのまま行きました。
これがこの後の悲劇につながります。
川俣ダム周辺は,美しすぎて,言葉が出ません。
DSCN3053.jpg
DSCN3054.jpg
DSCN3055.jpg

今回は,今まで気が付かなかった瀬戸合狭に行ってきました。これが今回の目的です。
ここは,なかなかの秘境ですね。今回は近くに行かずに遠くから見てきましたが,次回はダムまで行ってみたいです。
これが瀬戸合狭です。林道から回ることができます。
DSCN3056.jpg
DSCN3059.jpg

この後はちょっと道を間違えましたが,すぐに気が付き事なきを得ました。
瀬戸合狭は,もっと探索する価値があります。素晴らしいです。
昼ご飯は,「やしお」という蕎麦屋さんで食べました。
果物えいいのかな?アケビがたくさん売っていました。なかなか中身が詰まっているものは見られませんね。
DSCN3061.jpg

この道沿いに蛇王の滝というのがあります。ヨッシーさん,14144さん,写真撮影に余念がありません。
DSCN3062.jpg

さて,この辺で1時30分ぐらいでしょうか。お昼も食べて,気持ちよく走って,もう満足度は100%になっているのです。
しかし,ここで終わることができないのです。だって,日光に戻るためには,ひと山超えるしかないんですよ。
これが,本日の極め付けなんです。しかも,途中アウターでかなりの距離を無理しちゃっています。
足なんか残っているはずないじゃありませんか。
でも,行くしかないのです!

大笹牧場までたどり着きました。今年は,休憩しました。これがなかったら,アウトでした。
温かいコーヒー飲んで,足を休めることができました。
DSCN3063.jpg
記念撮影しましたが,全車寝転んでいます。これがこの時のサイクリストの状況とお察しください。

「足をつきたくない。」その思いだけです。
六方沢です。かなり影ができてきました。何を言っているかというと,
「もうすぐ日が暮れるよ。」と言っているのです。
DSCN3065.jpg

1440m展望台です。この景色を見ると我慢して登ってきてよかったとつくづく思います。
DSCN3066.jpg

このあとは,慎重に下り,清滝体育館へ帰ってきました。
全員,無事でした。
本当に苦しかったけど,楽しかった1日でした。だから,楽苦しいと表現しています。
14144さん,ツヨシくん,ヨッシーさん,どうもありがとうございました。

本日の走行距離:101.4㎞







普通につつじヶ丘W

自転車
10 /16 2016
昨日は,大学の仲間とおよそ30年ぶりの再会のため,渋谷なんぞで飲んでししまったため,朝寝坊をしてしまいました。
おまけにボトルを忘れて引き返すなど,ちょっとドタバタ感があって,つつじヶ丘Wでおしまいにしました。
天気が良かっただけにちょっともったいなかったですね。

石碑の前は,登山客でいっぱいだったので,ガマ君のところで記念撮影。


いったんゆりの里へ下りて,もう一度アタック。
下山中に2本目を上がるヨッシーさんと遭遇。日光秋の陣の打ち合わせなどして,バイバイ。
DSCN3025.jpg

2本目の方が足がよく回りました。でも,渋谷で結構歩いているせいか,ちょっと重かったかな。
2本目の後は,栗ミックスをいただきました。イベントがあるらしく,上まで自転車行かせてもらえませんでした。
DSCN3026.jpg

帰宅後は,日光秋の陣に備えて,洗車をしました。

本日の走行距離:94.3㎞(ボトル忘れで引き返した分だけ距離が伸びました。)





筑波山新ルートを走る

自転車
10 /10 2016
今日は,ツヨシくんとヨッシーさんとで走ってきました。
不動峠がれているので,新しいルートを開拓しました。
それは,ふれあいの里からホテル一望のところに出るルートです。

すっかり秋の空になってきました。でも,青空はここだけでした。


新ルートは,距離は短いのですが,その代わり勾配は急です。
車はあまり走っていないので,安全に走れますが,きついです。
ホテル一望のところに出ても,その後はつつじヶ丘まで休むところがないのぼりが続きます。
DSCN3022.jpg
つつじヶ丘は,風が寒く感じました。

ゆりの郷へ降りて,もう一度アタックです。今日も,バイクの走り屋たちが,大勢いて危なくて,いやだったのですが,
警察が取り締まってくれて,おとなしくなりました。
2度目のつつじヶ丘では,ソフトクリームを食べるのが習慣ですが,断水が起きて,作ることができないとのことであきらめました。
DSCN3023.jpg

その後は,真壁方面に降りて,帰宅しました。
今日は,久しぶりに我がチームのエースツヨシくんが同行でしたので,のっけかから高回転ハイスピードでのライドになりました。
帰りもエースは容赦なく,鬼引きです。久々によいトレーニングになりました。お世話になりました。

本日の走行距離:92.4㎞
日光秋の陣,10/20にやります。
今のところ予定しているルートは,いろは坂・戦場ヶ原・山王林道・川俣ダム・霧降高原です。
お天気が良いといいのですが...


お天気よいので気持ちよく140キロ

自転車
10 /02 2016
10月始まりました。2016年も後半に入ったということです。
9月は,お天気に恵まれなかったので,10月は何とかしてほしいものです。
また,台風が来ているようで今日のこの良き日を逃してはいけません。140キロ走ってきました。

出がけは,ぽつぽつと来ていましたが,天気予報を信じて,出発しました。
鬼怒川の堤防に出たところの鉄塔です。ロングスカートをまとっていました。
帰りに作業をしていましたが,ペンキの塗り替えのようでした。


いつものようにつつじヶ丘へ行きました。
不動峠は荒れていて,慎重に走るしかありません。
これから青空が期待できる空模様でした。
DSCN3016.jpg

フルーツラインから道祖神峠をアタックです。
ここが今日の一番の難所です。ひたすら我慢の登りとなります。
途中で今日の山野草を発見。
これは,タマゴタケです。このきのこだけは,見極められるのです。
この写真は,卵から出てきて,数日経って傘が開いた状態です。このきのこは食べられます。
自分では食べたことはありませんが,おいしいという話です。
DSCN3018.jpg

道祖神峠をクリアして,仏の山峠を上り,益子へ向かいました。
SLの時間が中途半端だったので,コスモス祭りの看板に導かれて,コスモスを眺めてきました。
今度の3連休がお祭りなので,まだ5分咲き程度でした。かなりの精度で管理されています。
DSCN3019.jpg

最後は久しぶりにゴールデンレイクスCCの坂をやって帰宅しました。
久々の晴れた空の下のライドとなり,気持ちよさ倍増でした。
次のライドは10月10日となります。晴れてほしいです。

本日の走行距離:141.0㎞




ドラゴンローディ

自転車をこよなく愛する中年ローディ。
脱メタボで自信をつけて,週末ライドを楽しんでいます。