チームジャージの追加

自転車
10 /31 2013
冬物とかチームジャージを追加注文しようかと思っています。

ただし,10点そろわなければ注文はしません。
希望があるチーム員の方は,連絡ください。

真冬のジャケットと長ズボンのビブは,サンプルを依頼します。

では。
スポンサーサイト

大金方面,おもしろいね

自転車
10 /27 2013
久々にいいお天気になりました。今日はまとまった距離が走りたかったので,北へ向かうことに。
昨日の記事では,烏山方面だったのですが,走ってみたら烏山には行けませんでした。
なので,大金方面に修正します。

実際はもう少し長く走っています。

初めて走るところもあったので,お初のところだけ報告します。
市貝町は,何度か来ていますが,羽仏のこの道は初めてです。少し行くと芝桜公園の入り口近くに出たので,そこは知っていました。


芝桜公園に入らずに直進すると名前は聞いたことがある新宇都宮カントリークラブ。昔ゴルフやっていたときに,行ってみたいと思っていたのだけど,ちょっと遠い感じがしていたので,行かずじまいでした。でも,自転車で来られちゃうんですよね。以前の私では考えてもいないことです。
DSCN1287.jpg
ところでもう少し格好良く看板書けなかったのでしょうか?

この後大金駅へと向かいました。途中に金色の建物が見えたので寄ってみました。
DSCN1288.jpg
大金太子堂といいます。金ピカの建物は,大金と何か関係あるのかな?どういういわれがある太子堂なのか,説明も何もないところでした。

ここが大金駅。
DSCN1290.jpg
立て替えになるのだそうです。それから無人駅となり,切符の販売もしなくなるそうで,7月いっぱいで券売機は停止していました。お金持ちになれそうな切符欲しかったんですけど。駅周辺は,ウォーキングできるそうで,大きな案内地図がありました。自転車も行けそうだったので,大金吊り橋というところに向かいました。

途中,セブンで休憩。今日初めての休憩です。
DSCN1292.jpg
ハロウィーンらしくビッグカボチャが置いてありました。

これが大金吊り橋です。
DSCN1293.jpg
歩くだけの橋で何のために作ったのかよく分からないものでした。

この後は,龍門の滝を目指します。
DSCN1296.jpg
これが龍門の滝です。水量も多かったので,迫力満点でした。水しぶきも飛んできてマイナスイオンたっぷりですね。資料館とかあってひっそりしていますが,ぶらっと立ち寄るにはいいところですよ。

この後はR294へ出て,南下して帰りました。本当はこの後烏山大橋へ行って,道の駅もてぎに出る予定だったのですが,やっぱり一人では,だめですね。妥協しちゃうんです。
今度は,初志貫徹できるように誰かいっしょに走ってね!

本日の走行距離:170.3㎞






行ってきました。さいたまクリテリウム

自転車
10 /26 2013
台風がそれたこともあって,さいたまクリテリウムに行ってきました。
本当は,先週のジャパンカップとさいたまクリテリウムと両方見るはずでしたが,先週は雨のためパス。
今週も天気は相当怪しかったのですが,台風がそれて午後から晴れるとあったので行くことにしました。


さいたま新都心駅のポスターです。着いたのは12:00過ぎ,まだ雨が残っているのに沿道(コース)には,人だかりができていました。

サイクルフェスタで時間つぶしをすることにしました。
s-DSCN1273.jpg
ピーター・サガンの実車です。ハルクのイラストを見ることができました。
s-DSCN1275.jpg
新城幸也の実車です。コルナゴ乗ってみたいですね。

腹ごなしをしながら時間つぶしをしていると,雨も止み,ポイントレースが始まりました。
s-DSCN1279.jpg
サガン,幸也,フルームなど有名どころを確認。いよいよです。

s-DSCN1284.jpg
クリテリウムというのは,写真撮りづらいですね。スピードが速すぎます。
それから会場がせまいので,見るところがありません。
人だかりから垣間見るしか方法はないのです。運営上のことなんでしょうが,観戦できない場所が多すぎです。
ジャパンカップになじんでいるので,見ることができないストレス満載のレースとなりました。
せっかく来たのに,まともに見られないんじゃおもしろくないですよね。
ジャパンカップのような接近して選手と出会うこともなく,何となく消化不良の観戦でした。

でも,8週回目にフルーム(マイヨジョーヌ),サガン(マイヨベール),ルイコスタ(アルカンシェル)の3人が先頭に立つシーンは圧巻でした。こんな豪華なレースは世界中でもそうは見られませんよ。
走ったメンバーは,ワールドクラスでした。

明日は,よいお天気になりそうです。ちょっと長めに走りますよ。
7:30我が家発です。烏山方面に行ってきます。
↓これで走ります。


では。





秋晴れ-!

自転車
10 /13 2013
10月3連休です。とは言っても昨日はお仕事でマイナス1日です。
2連休ですが,今日はまさしく秋晴れでした。午前中には,雲なんか見つかりませんでしたね。
風返し峠方の筑波山です。すんばらしいでしょ!登り坂だって,わくわくしちゃいます。


つつじヶ丘です。
DSCN1264.jpg
登山客でいっぱいです。賑やかなつつじヶ丘は,自転車乗りにとってもうれしいことですね。
この後は,道祖神峠をやって,県道1号線仏ノ山峠から道の駅もてぎに向かいました。
SLの時間とあうかもしれないのでがんばりましたが,早く着きすぎてしまったので,SLを迎えに行くことにしました。市塙の駅付近で遭遇です。
DSCN1267.jpg
久しぶりに見たSLです。いつ見ても興奮してしまいます。
この後は,コスモスまつりの看板につられて益子方面に向かいましたが,ちょっと間違っちゃって,コスモスまつりはパス。多分いつもの益子駅の南側の田んぼの中のはずなんですが...

代わりに下館まで来て,コスモスが沿道にあったので筑波山といっしょにスナップです。
DSCN1268.jpg

今日は,少し長めでひとりぼっちで走りましたが,結構いい走り方ができたと思います。
やっぱり真夏の猛暑とは違い,走りやすい気候になってきた証拠でしょうね。
楽しいライドになりました。

本日の走行距離:152.3㎞

来週は,ジャパンカップ!たのしみだな!


けっこう登りました!

自転車
10 /06 2013
10月最初のライドは,ミズノ院長さんとご一緒しました。
院長さんは,来週筑波8耐が控えているので,ここで足を痛めつけておきたいとのこと。
私は,もうそういう予定はないので,追い込む必要はありません。でも,一人よりは断然楽しいし,走ることには変わりませんので,行ってきました。

朝方,霧雨で路面はウェット出発を1時間30分ほど遅らせました。平沢官衙までは,路面も乾き快調に走りました。
不動を登るとまったく霧の中で路面も悪い。ならば,裏不動を下りて下を走って,愛宕神社へ行くことにしました。
ところが,八郷側は,つくば側とはまるで違っていて霧雨状態。天気予報は曇のはずなのに。
ここまで来てしまっては,久しぶりの愛宕神社やるしかないでしょう。
やっぱりきつかったなあ。でも楽しい山ですね。院長さんのコルナゴくんと私のタイムくん,霧で煙る中記念撮影。


愛宕神社の後は,道祖神峠を笠間側から攻めます。でもその途中,案山子ロード(勝手に命名しています。)を通ります。冬にツヨシくんと来て見つけたものです。新作がいくつかあったので,紹介します。
DSCN1258.jpg
DSCN1257.jpg
DSCN1254.jpg
リアルでしょ。遠くから眺めるとこの地域の人たちに見えますよ。しばらくしたらまた行ってみます。新作できているといいな。
そしてここから,道祖神峠です。クラインガルテンを過ぎると徐々に勾配がきつくなってきます。
やっぱり上の方は霧の中でした。下りは慎重に走行。

下りきってフルーツラインから上曽峠を攻めます。八郷側を登るのは初めてでした。けっこう長いですね。頂から左折して,湯袋峠へ抜けます。ここも短いけど急坂です。湯袋までの下りは,落ち葉とこけでつるつるなので慎重にゆっくり下ります。

湯袋からつつじヶ丘までは最後の登りです。さすがにこの時間になると路面状態はドライでした。
でも,足はもう売り切れです。風返し峠の上の急坂は止まるようなスピードです。駐車場まで500mの看板からはいつもは元気が出ますが,今日はもうだめ。
DSCN1259.jpg
つつじヶ丘もこんな感じで,お客さんもまばら。下りは冷えると思いウィンドブレーカーを着込んで神社方面に下りました。ところが神社側は晴れていて,暑いぐらいなのです。
つくば側と八郷側でお天気がこんなに違うなんて初めての経験です。走ってみないと分からないことって色々ありますね。院長さんお疲れ様でした。筑波8耐がんばってください。

今日のコースは,前回の記事とちょっと変更しています。これです。↓


本日の走行距離:124.2㎞

サイクリング月間にしよう

自転車
10 /04 2013
10月ですね。そこかしこに秋の趣が漂います。
今月は,追い込むような乗り方ではなくて,景色を楽しむようなサイクリング重視で行きたいと思います。

そんなわけで,今月最初のライドは,↓を予定しています。(予定はあくまで未定というレトロな言葉はありです。)


チーム員のみなさんいかがですか?
予定 10月6日(日) 我が家発7:00,筑波総合体育館8:00です。

ドラゴンローディ

自転車をこよなく愛する中年ローディ。
脱メタボで自信をつけて,週末ライドを楽しんでいます。