8月最終ライド

自転車
08 /31 2012

魔の8月がやっと終わります。うれしいです。
最後に夏休みを取りました。末日なので今月の最終ライドとなります。何と今月は,4回しか乗れませんでした。
走行距離も今年の最低記録です。

とはいえ,涼しい日光を走ったり,乗鞍ヒルクライムに出ちゃったりと案外面白く走っていましたけど。
今日も,いつものコースで練習でしたが,いい1日となりました。暑くて参ったけど。
つつじヶ丘の高級コーラ(10円高)もおいしかった。さすが平日は誰も来ませんね。湯袋を下りていたら,うり坊が車にはねられて死んでいました。かわいそうでした。死体の写真を撮るのは気が引けたので,撮りませんでした。

s-DSCN0313.jpg
吉生地区の田んぼは,もう稲刈りできそうな色づき方でした。この辺のお米もおいしいんでしょうね。

s-DSCN0314.jpg
道祖神峠に向かっているとジムグリを発見。まだ子どもです。大きくなると結構な値段で売れるらしいです。(同僚K氏の話)特段興味もないので,写真だけ。
s-DSCN0315.jpg
気温も上昇,勾配も上昇。乗鞍より楽なはずですが,実はそうでもないのが,ここ道祖神峠なのです。甘く見るとやられます。(ちょっと大げさか?)わずか300mぐらいの高さですが,いいトレーニングできますよ。やってみてください。オーシさん。(久しぶりにふってみました。かれこれ3ヶ月は自転車乗ってないでしょうから,期待はしていません。)

この後,笠間方面に一気に下ってR50へ出ました。すると前方に1人の女性ローディが止まっていました。
何かトラブルかと思い,できることがあればお手伝いしようと声をかけました。特に大きなトラブルではなかった模様でした。ちょっとお話ししたら,勝田から筑波山を登りに来たとのこと。今日は180㎞走る予定だそうです。すごいです。月間1400㎞も走っているとのことです。岩瀬駅までご一緒しました。私が引き役でしたが,ヘタレ親父より走れるお方だったのではないでしょうか。岩瀬駅でお別れです。Ricoさん,またどこかでお目にかかれたらうれしいですね。
s-DSCN0316.jpg
来週は,ヒマワリ畑を見に行かれるとのこと。もしかしたら,ここのことかもしれません。筑西市宮後(旧明野町)のヒマワリ畑です。帰り道なので,寄ってみました。イベントは今日までですが,花はまだ楽しめそうです。Ricoさん,来週も気をつけて走りに来てください。
s-DSCN0317.jpg

今日も楽しいライドでした。後半は,暑さでバテバテとなり,ヘタレが露呈してしまいました。
本日の走行距離:114.3㎞




スポンサーサイト

最高の乗鞍ヒルクライム

自転車
08 /27 2012

無事帰ってきました。
土曜日の夜21:30出発で乗鞍ヒルクライムを強行しました。
体力が最も危ぶまれましたが,何とかやりきり,まだまだ若いと言えるかな?

会場の乗鞍高原観光センターには,午前2時過ぎに到着。やっぱり遠かった。真っ暗な山道はかなり不気味です。
でもびっくりしたことが2つ。ヒルクライム以外にその山道を車で走っている人が結構いることとヒルクライムの会場整備であの暗闇の中を1人で仕事をしている人がいると言うことです。どちらも勇気があります。
ヨッシーさんと2人で行きましたが,1人では行けませんね。
そんなわけで朝まで,車中泊です。自転車を車外に出し,何とか大人2人でも仮眠はとれました。

朝の乗鞍高原スキー場です。
s-DSCN0277.jpg
天気は大丈夫そうな予感がします。遠くが今日のゴールです。支度をして,会場に向かい,ツヨシくんと待ち合わせです。前日の受付をお願いしてあったので,ゼッケンと計測器をもらいます。

我々のカテゴリーは参加者がいっぱいです。Mt富士なみに人が集まっています。でも会場が狭いので,華やかさなどは富士の方が上ですね。8時少し前にスタートとなりました。
コースは初めて,仮眠も2,3時間というコンディションでタイムなどは期待できるはずありません。でも,個人的には1時間40分を切ろうと目標を立てました。
平均勾配7%,最大15%は,結構きついはずだろうと予想をしながらスタートしました。
前半の給水所までは,いつもの不動峠と同じ感じだなと走ってきました。ところが,第2給水所から先は,もう大変です。進めば進むほどにきつくなります。
s-DSCN0283.jpg
雪渓が見えてきたので,気力を振り絞り,カメラを用意し,写してみました。ヘロヘロ状態なので,ドピンぼけです。残り5キロの表示からが最後の正念場です。残り500mまで来て,1時間40分が切れそうと思った瞬間,左足ふくらはぎが痙攣です。ここで止まってなるものかと最後の力を振り絞りますが,アタックはできませんでした。結局,目標には,19秒足りませんでした。でも,がんばれたので良しとしましょう。
ゴールは,岐阜県高山市です。ガーミンの高度計は2612mを表示していました。
s-DSCN0295.jpg
標高の高さは。カロリーメートの袋でどうぞ。気圧が低いので,パンパンです。
s-DSCN0294_20120827053531.jpg

ここは,専用のバスなどか,歩きか自転車でしか来ることはできません。それだけに価値ある登頂です。今日は天候に恵まれたので,最高の景色と出会いました。登頂後は写真撮りまくりです。
s-DSCN0288.jpg
どうですか?この景色。疲れなんて吹き飛びます。
s-DSCN0290.jpg
参加者の数も驚きますが,遠くの雲海は,なかなか見ることはできませんよね。

下山しながらの写真です。雪渓では,夏スキーを楽しむ人がいます。私には信じられませんが,スキーヤーも私たちのような人間(自転車で苦しみ楽しむ人)は,信じられないと思います。
s-DSCN0304.jpg
つづら折りのコース。これを登ってきました。
s-DSCN0308.jpg

今回の乗鞍ヒルクライムは,本当に強行でした。忙しくてやめようかとも思っていました。
でも,来てよかったです。タイムや順位より,乗鞍の自然を純粋に楽しめました。こんな感動はそうは何度も味わえません。やりきった自分自身を褒めてあげます。
ツヨシくんとヨッシーさんにも感謝,感謝です。

本日の走行距離:42.5km
今回,走ったところ




いざ乗鞍へ!

自転車
08 /25 2012
いろいろ過密スケジュールで困っています。

これから乗鞍へ出発します。
ほぼ夜行日帰りです。体力もつかな?

夏の日光三昧!写真いっぱい

自転車
08 /14 2012

家から一番近い避暑地と言ったら日光です。天気予報は曇なので,雨ならあきらめて帰ってこようと思って出発しました。今回は,妻と下の子を連れて行きました。いざというときには,サポートカーにはなるだろうということで。

清滝のファミマで補給を買い出しして,馬返しからスタートです。心配した天候もまったく問題はなさそうでした。
この後すぐいろは坂です。ウォーミングアップが全くないので,登りはじめはきつかったです。
s-DSCN0228.jpg
途中の黒髪平で写真を撮っていたら,どこかのおばちゃんに自転車で来るなんてたいしたもんだねと褒められてしまい,これからまだまだ登るエネルギーにさせていただきました。

30分ほどでいろは坂を登り切り,すぐに半月山へ向かいます。ここはかなりの難所です。でも,とても空いていてお気に入りの場所でもあります。
s-DSCN0229.jpg
勾配が10%になるとここから○mと親切に教えてくれます。こういう標識は,筑波山にはありません。頂上まで4カ所ほどあります。
s-DSCN0232_20120814042618.jpg
ここが頂上です。ガーミンの高度計では1626mでした。ここからは半月山に登ることができます。また,足尾の山並みが絶景です。
s-DSCN0230.jpg
汗でレンズが曇ってしまいました。でも何となく分かりますよね。
s-DSCN0233_20120814045135.jpg
この少し下には中禅寺湖展望台があり,中禅寺湖と男体山を眺めることができます。ここもいい景色です。

この後,中禅寺湖畔から戦場ヶ原を抜け湯の湖に向かいました。湯の湖はいつ行っても静かな湖です。気持ちが休まりますね。
s-DSCN0241_20120814042748.jpg
ここで金精峠にアタックするかどうかを決めました。半月山を登っているので,それほど足は残っていないはずです。せっかくここまできたのだからと思い,アタックです。

アタック開始後すぐに,厳しさを感じました。案の定,この登りは本日一番の辛さです。登るというより,足をつきたくないという自分の意志を貫いていたという感じですね。きつかった!
s-DSCN0236_20120814045020.jpg
ここが本日の最高到達点です。標識は1843m,ガーミン高度計では1844m。ガーミンの取り付け位置分だけ高いのかな?風が強く,体が冷えるので,すぐに下山しました。
s-DSCN0240.jpg
湯の湖を望む景色です。ヘアピンカーブの道なども見えて,これを見ると登ってきたなと感激します。この後戦場ヶ原でサポートカーと待ち合わせて昼食にしました。
s-DSCN0242.jpg
昼食を食べていると妻がま「だ走るの?」と聞くので,「千手が浜だけは行くよ。」千手が浜は,日光での一番のお気に入りポイントです。低公害バスで行けるので,妻たちも誘ったが,まったくその気はなかったようで,サポートカーは中禅寺湖方面に行ってしまいました。

s-DSCN0254.jpg
千手が浜までのルートは,途中小田代ヶ原を通ります。貴婦人は,いつも凛としたたたずまいです。去年の秋は,ここに水がいっぱいあって,突然できた湖のようでした。今年はいつもの小田代ヶ原です。このルートでは毎回鹿に遭遇します。今年もやっぱりいました。結構大きい鹿です。えさを探しているみたいでした。
s-DSCN0247.jpg
今年はこのほかに面白い動物と出会いました。これです。↓分かりますか?
s-DSCN0246.jpg
道端でえさをあさっているのですが,すぐ側を自転車が通り過ぎても,逃げようとしません。狸かなと思い写真を撮りました。でも,ちょっと違うような気がします。千手が浜に,博物館の学芸員さんが観察にきていたので,ちょっと聞いてみると,この動物は,「アナグマ」ということでした。学芸員さんは「逃げないでしょ。可愛いやつです。」と言っていました。確かに愛嬌たっぷりです。
s-DSCN0250.jpg
千手が浜です。いつ行ってもきれいです。水も透き通っています。小さい子どもたちは,足を水に入れて遊んでいました。私の日光のベストポジションです。この後は,いろは坂を下って帰ります。サポートカーとの待ち合わせは,やしおの湯です。
s-DSCN0256.jpg
ここで最後にハプニングが発生しました。サポートカードライバー(妻)は,まったく日光の地理を知りません。ナビはついているのに,設定もしていません。「いろは坂を下ってくれば清滝インターのあたりに案内板があるから大丈夫だよ。」と言っておきましたが,心配なのでインターの交差点で待っていると信じられないことに,進入してはいけない方法でインターに入ろうと右折しているではありませんか。すぐ電話したところ,「間違ったけど出られるよ。」と言うので,おそらくもう一度いろは坂方面に行ってUターンしてくるのだろうと思い,もう少し待つことに。ところが戻ってきません。おそるおそる電話してみるとサポートカードライバーの補助員(せがれ)が電話に出ました。「今どこ?」「トンネルのなか走ってるよ。」何とあろう事かそのまま有料道路に進入していたのでした。「一つ目すぐ出て,やしおの湯を設定して戻ってこい!」と厳命し,何とか合流できました。あのまま電話しなかったら,もうあと100キロ以上走って帰らなければなりませんでした。サポートカーは,信頼のある方にお願いするべきだと反省しました。

本日の走行距離:92.3㎞

8月は,この後乗鞍HCがありますが,最悪の場合DNSとなります。(実はそれほど仕事が忙しい。)
なので,今日の報告は写真いっぱい,レポート長めとしました。日光三昧,思っていた以上に涼しく快適な1日となりました。分かってもらいましたか?
今回走ったルートはこちら↓。













8月初乗り

自転車
08 /12 2012

今年の8月は忙しすぎます。今日が初ライドです。
昨日の土曜日につくば10時間耐久が行われていたことすら忘れていました。
このお盆休みに乗らないともう乗れません。

というわけで久しぶりに筑波山へ。大池の蓮はまだまだいけそうです。
この時点では一人でつつじヶ丘を目指しました。
つつじヶ丘で,至福のコーラを味わっているとヨッシーさんが追いついてきました。
ついにEVOです。
s-DSCN0226.jpg
しかもマビックのコスミックで武装です。このディープホイルは,リムはアルミクリンチャーながらスポークは扁平カーボンで重量がかなり抑えられています。EVOの軽さとあわせるわけですから,最強ですね。間違いなく私のタイムくんより軽いです。

ここからは2人で梅林公園と鬼ヶ作林道を攻めてきました。鬼ヶ作林道は,震災後初めて行きましたが,ところどころ路面が悪いですが,大丈夫です。結構登りでいいですよ。
さて,お盆休み今度はどこを走ろうかな?日光なんか良さそうですね。

本日の走行距離:82.7㎞

ドラゴンローディ

自転車をこよなく愛する中年ローディ。
脱メタボで自信をつけて,週末ライドを楽しんでいます。