のんびり100㎞

自転車
06 /30 2012

チーム員からのレスは全くなし。みなさんお忙しいのでしょう。
そんなわけで,いつものようにソロで出発。

筑波山をどうやって登るか考えながら,のんびりと進みます。
先週は,レースのためガツガツ走りましたので,今日のテーマはのんびりです。

結局,不動を登り,湯袋からつつじヶ丘へ上がるルートをチョイス。
コーラがうまい季節になってきましたね。頂上でのご褒美となります。10円高いけどね。

富士見橋からの筑波山がきれいだったので,記念撮影。
s-DSCN0154.jpg
今日は,かなりのライダーさんたちがつつじヶ丘に来ていました。
このまま帰るのはもったいないので,梅林公園ルートで真壁へ行きました。
今日はのんびりがテーマでしたから,それほど足も使っていないので余裕です。
下館の方まで足を伸ばして,帰宅しました。
今日は特に珍しいものもなく,普通なライドとなりました。

本日の走行距離:101.3㎞
スポンサーサイト

たかが2秒,されど2秒

自転車
06 /26 2012
ツール・ド・つくば2012のリザルトが掲載されています。

手元の時計より,正確なはずです。
目標まで,1秒ちょっと足りません。そうです。2秒縮めればよかったのです。
たかが2秒です。どこかで縮められたはずです。くやしいです。

ちょうどいいペースの人は,やっぱり予想どおりのタイムでした。
この2秒のくやしさ,忘れずに来年また頑張ります。

今週末(土曜日)走ります。どこって?筑波山に決まっています。
チーム員のみなさん,たまには走りましょう。
連絡待っています。

ツール・ド・つくば2012終了

自転車
06 /24 2012

ツール・ド・つくば2012に参戦してきました。
この大会は,今年で4回目となり,今のところ皆勤賞。参加者数が筑波山の標高と同じ877人というのは,いいアイデアでしたね。
今年は天候にも恵まれ,気分的にも楽しめそうな予感がありました。

一昨年から自走で参加しています。ちょうどいいウォーミングアップになります。
目標は,第2回大会に出した40分切りです。
会場では,同じく自走できていたツヨシくんと会って,順番を待ちます。ツヨシくんは,MTBなので,話せたのはこのときだけでした。MTBは,2.1インチというルールで苦しそうでした。下山しているときに,ツヨシくんが風返しを超えて上がってくるところと遭遇。バスの中では声もかけられず,写真も撮れず。

今日はスタートから結構いいペースで走る人を追いかけながら,行けました。でも本番はかなり上げるので苦しさ100倍です。不動峠の10%では,全力出し切っちゃうような感じです。分かるかなこの感覚。いつもスカイラインで手を抜くのが,悪い癖なので,今日はとにかくいいペースの人を追いかけることにしました。風返し峠までは,できていたのですが,そのあと,ダメでした。離されちゃいました。ゴールして,自分の時計では,40分03秒です。ガックリ。やっぱりあの人について行ければ,40分は切れていた。またしてもタラレバ。でも,これが実力です。今シーズンではベストタイムなので良しとしましょう。公式タイムはそのうち発表されるでしょう。

下山後,時間があったので,筑波山神社へ行ってみようと思い,また登坂しました。途中で,つつじヶ丘の売店の100円券があることに気がついたので,山ぶどうソフトが180円で食べられると思い,再びつつじヶ丘に行っちゃいました。
11時を過ぎていたので,道路規制はすべて解かれ,いつもの筑波山でした。大会参加のみなさんも走り足りないとみて,結構登っていましたね。
s-DSCN0135.jpg
ホテル一望から先は,かなりの勾配で苦しめますね。

帰りは,筑波山神社に久しぶりに行きました。筑波山神社は「筑波山神社は坂東無双の名嶽とうたわれた筑波山を境内とし、万葉集に「二神の貴き御山と神代より人の言い継ぎ」と崇められているように、古代山岳信仰に始る国内屈指の古社である。西峯男体山頂(871m)の磐座に 筑波男大神(伊弉諾尊)を、東峯女体山頂(877m)の磐座に筑波女大神(伊弉冊尊)を祀る。山下の南面中腹(270m)に拝殿があり、これより山上の境内地「筑波山」を御神体として拝する古代の形が維持されている。筑波山を御神体と崇めまつる神体山信仰に発し、古来春秋両季に行われる御座替祭に供へまつる神衣(かんみそ)に御神霊を奉遷して御神体となす。筑波山縁起によれば、当神社の創祀は遠く神代に始る。天地開闢の初、諾冊二尊が天祖の詔をうけて高天原を起ち、天之浮橋に並び立ち給う、天之瓊矛(あめのぬぼこ)を以って滄海をかき探り給えば鉾の先よりしたたり落ちる潮凝って、一つの島となる。即ち二神は東方霊位に当る海中に筑波山を造り得て降臨し給い、天之御柱を見立て、左旋右旋して東西御座を替え給い、相対面なされて夫婦となり大八洲国及び山河草木を生み給う。次に日神、月神、蛭児命、素盞鳴尊を 生み八百万神を生み給う。記紀に伝える「おのころ島」とは筑波山のことで、この故に筑波山は日本二柱の 父母二神、皇子四所降臨御誕生の霊山であり、 本朝神道の根元はただ此山にあるのみと伝えている。」ということです。
境内では,ガマ口上もやっていて,おもしろかったです。
s-DSCN0136.jpg
s-DSCN0137.jpg

本日の走行距離:99.5㎞

サボったわけではない

自転車
06 /18 2012

今日は,家族的な用事があり,午後半日休みをとった。
その用事が3時半頃終わったので,2時間走ろうと思い,鬼怒川土手へ。

ちょっとした平地トレーニングには,鬼怒川小貝川コースはいい。
信号で止まることはほとんどなく,踏みっぱなしで走ることができる。
要するに回さないと進まないのが,トレーニングになるわけです。

坂トレはできていないが,2日で100㎞走れたのは,上出来だと思っている。
出だしの見通しの悪い農道で車と出くわした。ぶつかってけがでもしていたら,いかんとも報告しがたいところだった。あー,よかった。

本日の走行距離:52.5㎞

ツール・ド・つくば最終練習できず!

自転車
06 /17 2012

今日の雨はがりが2時間遅かった。おかげでツール・ド・つくばの練習ができませんでした。
結局,諸々の事情により平地だけの練習になってしまいました。
本番に向けての不安要素となっています。
まあ,優勝をねらうわけではないのですけどね。何とか自己ベストは更新したいと常々思っているもんですから。
さあ来週は勝負します。いいお天気を期待します。

結局これといった写真も撮れなかったので,我が家のアジサイで我慢しましょう。

本日の走行距離:49.8㎞

フィニッシャーの証

自転車
06 /16 2012

Mt.富士ヒルクライムから,フィニッシャーの証が送られてきました。
ステッカーとリングです。
色は,ブルー。なので完走しただけということですね。
65分以内「ゴールド」
75分以内「シルバー」
90分以内「ブロンズ」
91分以上「ブルー」(女子は「ピンク」)

次回は,「ブロンズ」取りましょう。
ところでこのリング,何に使うんでしょう?

明日は,雨が降っていなければ,朝早く6:00発でツール・ド・つくばの練習に行きます。

スカイツリー from 筑波山

自転車
06 /10 2012

ツール・ド・つくばの練習に行きました。
ヨッシーさんといっしょです。

昨日の雨のおかげで空中の塵がなくなり,遠くまで見渡せました。
これならスカイツリーを見つけられるかもと風返し峠から探してみました。
目のいい人なら見つけられます。写真中央の赤い○の中です。
これでは見えませんね。ではこれは?
s-DSCN0098.jpg
赤い○の中です。まだ難しいかな?では,これは?
s-DSCN0099.jpg
これなら分かるでしょ!風返し峠の高さはだいたい「東京スカイツリー天望回廊」と同じくらいだと思います。スカイツリーの眺めもいいでしょうけど,自転車で筑波山を登った達成感といっしょに味わう方がいいと思いますよ。

今日は,山寺シリーズの雨引観音へ行ってみました。雨引観音のいわれを調べるとは,「雨引観音は雨引山楽法寺と申し、用明天皇2年(587年)梁の国人の法輪独守 居士によって開かれた、厄除延命安産子育の霊験あらたかな延命観世音菩薩(国指定重要文化財)を本尊佛として、おまつり申し上げる坂東観音霊場第二十四番 札所の名刹である。」となっていました。標高はあまりありませんが,結構きつい勾配の坂道もありました。
s-DSCN0100.jpg
アジサイがきれいで有名なところですが,まだほんの一部咲き出したところです。これからですね。また行ってきます。

今日は筑波山のきれいな新緑が目に焼き付きました。
s-DSCN0107_20120610144804.jpg
時速30キロ以上でのワンハンドショットです。危ないね。

本日の走行距離:93.1㎞


Mt.富士ヒルクライム終了

自転車
06 /03 2012

今年のメインなレースの一つが終わりました。
今回のMt.富士ヒルクライムは,前日の受付なので前日に必ず現地入りしなくてはいけません。
ところが,土曜日は倅の関東大会が伊勢崎市であり,午後4時ごろまでかかってしまいました。
自宅から伊勢崎,そして河口湖までと長距離などライブと鳴りました。
でも,圏央道のおかげで伊勢崎から河口湖まではノンストップで行けるんですね。
土曜日の伊勢崎上空に現れた太陽の回りの虹です。
調べたら,暈というらしいです。
「暈(かさ)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。ハローまたはハロ(halo 英:ヘイロウ)ともいう。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。」とウィキペディアに書いてありました。

そんなわけで受付できたのが夜の6時30分です。おまけに日曜日の天気は,マーティがいなく雨であろうという予報。なので,雨だったらそのまま帰ろうと思っていたので,富士まできた証拠写真だけはと思って,薄暗いメイン会場を撮っておきました。
s-DSCN0077.jpg
この時間で半袖ではとてもじゃないけど寒くていられない状態です。
この後,ホテルに入り,近くの回転寿司で食事をして,風呂に入って男子バレーを見ていました。
どうせ雨だから,ビールなど飲んで朝起きたら 帰ればいいやという投げやりな気持ちでモチベーションは最低でしたね。

ところが朝4時まったく降っていない。曇でした。こりゃ大変と一気に支度をして,5時に富士急ハイランド駐車場に行きました。カーボンホイールで下りで降られたら,ブレーキのききが悪いと心配になり,急遽シャマルに変更。それに伴いブレーキシューも交換。富士急ハイランドからメイン会場に行き,下山用荷物を預けました。
これで,出走は決定です。下山用荷物を取りに行かなければなりません。覚悟は決まりました。

メイン会場の様子です。5000人プラス関係者でざっと6000人ですね。
s-DSCN0080_20120603161022.jpg
自転車はスタート順毎にこんな風に地べたにおいておきます。ほんの一部しか写真はありませんが,すごい人の集まりでした。俳優の鶴見辰吾さんとツーショット写真が撮れたのも収穫だったかな。肖像権の許可をとっていないので,掲載は割愛します。

7時45分第10ウェーブとして,スタートしました。今回の目標は90分切り。
前回の下見のおかげで,気持ち的には楽でした。
序盤は,同組のクロモリなコルナゴさんのペースで,いい感じで走れていました。
ところが12㎞過ぎで,置いて行かれてしまいました。これがいけなかった。
ここでついて行ければ,90分は切れていたと思う。
正式タイムは,分かりませんが,おそらく92,3分くらいじゃないかな?
ちょっと悔しいですね。それにしてもいつになっても何をやってもタラレバがついて回ります。

s-DSCN0088.jpg
スタートからゴールまで一貫して曇のままだったのは,日頃の行いがいいからかと自分で納得しながら5合目の記念撮影などしてきました。
今日は,念願の富士山メロンパンも食べてきました。こういうやつです。
s-DSCN0090.jpg
行列ができています。ものは試しなので食べてきましたが,お味の方は,..コメントは控えさせていただきます。

この後は下りです。下山用荷物をもらい,しっかり着替えて下山です。でも,真冬並み6℃ぐらいなので格好なんか気にしないで,オーバーパンツなんかも持って行けばよかったです。これは反省点。
料金所までおりてきたら,土砂降りの雨です。ヤッケを持っていたので,これは重宝しました。
メイン会場では,吉田うどんが振る舞われました。雨の中,一気に食べて,富士急ハイランド駐車場で素早く着替えて,帰ってきちゃいました。
本当なら,富士山周辺をもうちょっとサイクリングしたかったんですがね。今回も,実現できませんでした。最後は,雨にたたられたので,写真は,富士山メロンパンで終了です。
今度は,夏に5合目まで涼みに行くのもいいかもね。

それから,何といっても単独参戦は,モチベーション的にあまりよろしくないね。

本日の走行距離:66.1㎞



ドラゴンローディ

自転車をこよなく愛する中年ローディ。
脱メタボで自信をつけて,週末ライドを楽しんでいます。